教育制度の知識を深めるサイトです。

教育制度について知っていることをここでは述べていきたいと思います。まず教育制度とは、教育上のある目的を実現するための制度であり、社会的に公認され、定着している組織のことをいいます。
そして教育制度は、一般的には学校制度を中心に構成され、学校制度と同義語として用いられることも多いです。しかし、教育制度の範囲を教育が組織的に行われる場に拡大するならば、社会教育の制度まで含めることになります。

また、これらの教育制度の設備や運営などによって、教育に関する諸条件の整備やその確立を図り、間接的に教育目的を達成しようとする組織にも及ぼすならば、教育行政や教育財政の制度も含まれるのです。
では次に教育制度の区分についてみていきたいと思います。教育制度はそれぞれのとらえ方によって次のように区分されます。
まずは教育水準別によって初等教育、中等教育、高等教育などにわけられます。また教育目的・内容別としては普通教育、職業教育、義務教育、国民教育、そして教師教育などに分けられます。

そして対象別では幼児教育、女子教育、障害児教育、青少年教育、そして成人教育などに分けられます。
さらに教育形態別として全日制教育、定時制教育、夜間教育、通信教育、放送教育など、その他、公教育、私教育、企業内教育、継続教育、リカレント教育、生涯教育などにも分けられます。最後に教育の組織が制度として成長・発展する過程には、人間生活の発展に伴う様々な教育思想の作用や葛藤が見られます。
一般に、自然発生的に生まれた教育の組織は、親の教育思想の所産といわれていました。それが、慣行化され、更に法制化させるに従って、本来の親の教育意思は変形・変質させられ、むしろ社会や国家の教育意思が優先したり、支配したりする傾向を帯びてきたのです。
ですから今日における教育制度は、人間の社会生活上の必要を満たそうとしていますが、反面では、人間自身を規制する機能も認められているのです。